不動産を借りたり購入したりするときに知っておくべきこと

経営する

少子高齢化が進むと言えど

将来的に、人口は確実に減ると言われているので、賃貸経営も今までとは違う視点で考えなければいけません。現状、高齢化社会へ突き進んでいる我が国ですが、若者が減少するからと言って、安易に高齢者をターゲットにするのも考えものです。高齢者向けの賃貸物件を建てるには、一般的な賃貸物件よりもコストがかかります。さらに、不動産以外の色々な知識が必要になってきます。 若者が減少すると言っても、1人もいなくなるわけではありません。高齢者をターゲットにするよりも、若者や単身者をターゲットにした方が賃貸経営はやりやすいです。そのためには、今後は、人口減少があまり進まない地域で賃貸経営をすることが基本になっていくでしょう。

都市部で賃貸経営をするなら

少子高齢化が進む中で、若者は都市部に集中すると言われています。地方はより少子高齢化が進むと言えるので、都市部で賃貸経営をする方が成功しやすいと言うことになります。しかし、都市部で賃貸物件を建てようと思えば、地方よりはるかに資金が必要です。資金が厳しいと言う人は、無理に新築を建てる必要はありません。中古物件でも十分勝負はできます。 ただ、中古物件を買ってそのまま貸し出すと言うのは得策ではありません。リフォームをする必要があります。古すぎる物件だと大規模リフォームしなくてはいけないので、思いのほかコストがかかることになります。しかし、築年数が浅い中古物件なら、大規模なリフォームをする必要はありません。

Copyright© 2015 不動産を借りたり購入したりするときに知っておくべきことAll Rights Reserved.